利用規約

スターブル(以下、「当方」という。)は、ユーザーに対し、本規約に基づいて【 D1 Trend Method Style 】 のサブスクリプションを提供します。

■ 第1条(目的)
1.本規約は、ユーザーから提出される注文書および申込書(当方、ウェブサイトから送信する注文・申込フォームを含むものとする。) (以下、あわせて 「注文書等」という。) の内容と一体となって、本サービスの利用契約 (以下、「本契約」という) を構成します。
2.本規約はユーザーの事前のなく随時変更できるものとし、変更後の本規約の効力は、当方所定の方法で表示した時点から生じるものとします。

■ 第2条(定義)
本契約における各用語の定義は、それぞれ以下のとおりとします。
1.「ユーザー」とは、本サービスを利用する人をいいます。
2.「本サービス」とは、当方が【 D1 Trend Method Style 】の名称で提供するオンラインサイトのプラットフォームによるサービスをいいます。
3.「ユーザーガイド」とは、当方が指定するウェブサイトに掲載される本サービスの操作マニュアルをいいます。なお、ユーザーガイドはユーザーの事前の承諾なく随時更新されるものとします。
4.「有料サービス」とは、ユーザーの注文または申込みに基づき、本規約および本契約に従って当方が有料で提供する本サービスをいいます。
5.「サブスクリプション」とは、 ユーザーが注文または申込みによって当方から購入する。 本ユーザーが本サービスを一定期間利用できるライセンスをいいます。
6.「本ユーザー」とは、ユーザーが本サービスを利用することを承認した個人であり、ユーザーまたはユーザーの要請に従って当方がユーザーIDおよびパスワードを付与した者をいいます。
7.「顧客データ」とは、ユーザーが本サービス上に登録または保存するすべての電子的なデータおよび情報をいいます。
8.「悪質なコード」とは、ウィルス、ワーム、時限爆弾、トロイの木馬その他の有害なコード、ファイル、スクリプト、エージェントおよびプログラムをいいます。

■ 第3条(本サービスの内容に関する事項)
1.サブスクリプション
Ⅰ)本サービスは、ユーザーがサブスクリプションを購入することにより提供されます。
Ⅱ)サブスクリプションは、特定された1名の本ユーザーのためのものであり、2名以上の本ユーザーにより共有または共用することはできません。
2.本サービスの更新等
Ⅰ)当方は、機能の向上、不具合の修を目的として、随時本サービスに更新、変更、修正、追加、その他の必要な措置(以下、「更新」という。) を行います。
Ⅱ)本規約および本契約に基づいて提供される本サービスは、更新後の最新のものとします。 更新により、旧バージョンのサービス(最新の更新が行われる本サービスをいいます。) の全部または一部が、提供されなくなることがあります。
Ⅲ)本サービスの更新により、ユーザーが本サービスを利用する環境に何らかの影響を与えることがあります。 ユーザーは、更新後のアプリケーションまたはソフトウェアがユーザーの本サービスおよび目的に合致するか否かをご自身の責任で判断するものとします。
3.サービスの追加
Ⅰ)本契約締結後に当方が本サービスの一部として提供されることを示したサービス(以下、「追加サービス」という。)を利用する権利は、サブスクリプションの一部を構成します。
Ⅱ)追加サービスについては、別段の定めがある場合を除き、本規約が適用されます。
4.利用制限
Ⅰ)当方は、ユーザーが本規約および本契約に違反した場合、またはそのおそれがあると認められる場合には、ユーザーによる本サービスの利用を制限することがあります。
5.顧客データの取扱い
Ⅰ)当方は、本サービス上のデータを以下の目的に使用します。
ⅰ:ユーザーに本サービスを提供するため
ⅱ:本サービスのシステム改良、メンテナンスのため
ⅲ:サポート対応のため
Ⅱ)当方は、顧客データを上記(1)に定める目的以外で利用しないものとし、個人情報の保護に関する法律およびその関連法規に基づいて、紛失・破壊・改ざんから保護するための安全管理措置を講じ、厳重に管理するものとします。
Ⅲ)顧客データは、個人情報保護法およびその関連法規に従い適法に取得した情報に限るものとします。

■ 第4条(本サービスに関する義務)
1.当方の義務
当方は、本サービスに関し、以下の義務を負うものとします。
Ⅰ)ユーザーに有料サービスの以下のサポートを提供すること
ⅰ:サポート範囲;本サービスの操作全般に関する問い合わせ対応
ⅱ:サポート方法と対応時間:eメール/メール受け取り完了時より3日以内
Ⅱ)以下の場合を除き、有料サービスを、1日24時間、週7日提供するよう努めることとする。
ⅰ:サーバーメンテナンス等による計画的な稼働停止
ⅱ:不可抗力による稼動停止
2.ユーザーの義務
ユーザーは、本サービスに関し、以下の義務を負うものとします。
Ⅰ)ユーザーおよび本ユーザーが、本規約および本約の条件の下で、適用ある法令およびユーザーガイドに則って本サービスを適法かつ適正に利用すること
Ⅱ)顧客データの正確性、完全性および合法性、ならびにユーザーが顧客データを取得した方法の適正性に関する一切の責任を負うこと
Ⅲ)本サービスの不正アクセスまたは不正利用を防止するための合理的な努力を行い、不正アクセスまたは不正利用を発見したときには、当方に通知すること
Ⅳ)以下の行為を行わないこと
ⅰ:本サービスを本ユーザー以外の者に利用させること
ⅱ:本サービスまたはサブスクリプションを販売すること
ⅲ:本サービスを利用して、悪質なコードを保存または送信すること
ⅳ:その他、本サービスの適法かつ適正な利用を逸脱すると認められる一切の行為

■ 第5条(料金および支払い)
1.料金
Ⅰ)ユーザーは、本規約および本契約に関わる全ての注文書等に定める料金を支払うものとします。
Ⅱ)料金は、実際の本サービス利用の有無にかかわらずお支払いいただきます。
Ⅲ)サブスクリプションの料金は、毎月の応当日から起算する1ヶ月間(以下、 「単位月間」という。) に対する月額料金を基として、既存のサブスクリプションの利用期間が終了する単位月間までの月額料金を一括してお支払いいただきます。(尚、応当日は契約日とします。)
Ⅳ)支払済みの料金は返金いたしません。
2.請求および支払い
ユーザーは、当方からの請求に応じて、当方または請求人に対し、注文書等または請求書に定める支払方法で料金を支払うものとします。
3.本サービスの停止および制限の利益の喪失
本規約および本契約に基づくユーザーの金銭債務の履行30日以上した場合には、ユーザーの当方に対する一切の債務について、当然に期限の利益が失われ、直ちに支払期限が到来したものとします。 また、この場合、 当方は、ユーザーの当方に対する一切の債務および遅延利息が全額支払われるまで、ユーザーへの本サービスの提供を停止することができます。

■ 第6条(秘密保持)
1.秘密情報の定義
Ⅰ)本規約および本契約における 「秘密情報」とは、一方当事者(以下、「開示者」という。)が、その形態および媒体にかかわらず他方当事者(以下、「受領者」という。)に対して開示する情報のうち、開示の形式にかかわらず秘密であると指定されたもの、ならびに情報の性質および開示の状況に鑑みて秘密であると理解されるものをいいます。ユーザーの秘密情報には顧客データが含まれるものとし、当方の秘密情報には、本サービスに関する一切の情報が含まれるものとします。 また、各当事者の秘密情報には、本規約および注文書等の条件が合まれるものとします。
Ⅱ)前項の定めにかかわらず、以下の情報は秘密情報に当たらないものとします。(ただし、顧客データについてはこの限りではありません。)
ⅰ:開示の時点で既に公知であった情報
ⅱ:開示に受領者が知っていた情報
ⅲ:受領者が独自に開発した情報
ⅳ:第三者から秘密保持義務を負うことなく受領した情報
2.秘密情報の保護
情報の受領者は、本規約および契約に別段の定めがある場合を除き、以下の義務を負います。
Ⅰ)開示者の事前合意がない限り、秘密情報を第三者に開示または漏洩しないこと
Ⅱ)善良な管理者の注意義務をもって秘密情報を管理し、本規約および本契約に基づく本サービスの提供または利用以外の目的のために秘密情報が利用されないようにすること

■ 第7条(責任の限定)
1.損害賠償額の限定
当方が本規約、本契約または本サービスに関してユーザーに対する損害賠償責任を負う場合、契約不適合責任、不法行為責任その他いかなる法的責任に基づくものであるかを問わず、その総額は、本規約および本契約に基づきユーザーが当方に支払った金額の合計を上限とし、かつ、1件当たりの上限額は、当該責任の発生前1ヶ月間に本規約および本契約に基づきユーザーが当方に支払った金額とします。
2.損害の除外
当方は、ユーザーが本サービスの利用に起因して被った損害のうち、逸失利益、間接損害、特別損害、偶発的損害または結果的損害については、原因いかんを問わず、また、契約責任、不法行為責任その他いかなる法的責任に基づくものであるかを問わず、賠償責任を負わないものとします。

■ 第8条(期間および解約)
1.契約期間
Ⅰ)本契約は、ユーザーが本規約に同意の上で申込みを行い、当方がこれを承諾した時に成立します。
Ⅱ)本契約は、次のいずれかの事由が生じた時に終了します。
ⅰ:本契約に従って許諾された全てのサブスクリプションの期間が満了した時
ⅱ:本契約が解約または解除された時
ⅲ:不可抗力が発生したことにより、本サービスの提供が著しく困難になった時
2.サブスクリプションの有効期間
ユーザーが購入したサブスクリプションは、注文書等に定める利用開始日に有効となり、その注文書等に定める利用期間中有効に存続します。 当方またはユーザーのいずれかから相手方に対して、当該利用期間が終了する7日前までに更新しない旨の通知をしない限り、サブスクリプションの有効期間は1か月単位で自動的に更新され、以後も同様とします。
3.解除
当方は、ユーザーに以下の事由がある場合、何らの催告を要することなく即時に、本契約を解除することができます。
Ⅰ)ユーザーに、本規約または本契約に対する違反がある場合
Ⅱ)ユーザーが、強制執行、競売の申立、その他これらに準ずる手続の対象となった場合
Ⅲ)ユーザーに支払停止が生じた場合、ユーザーが破産手続、民事再生手続等の法的手続の申立ての対象となった場合、またはユーザーが私的整理手続を開始した場合

■ 第9条(当社による即時解除)
ユーザーが本規約または本契約に違反した場合には、当方は、何らの催告を要することなく即時に本契約を解除することができるものとします。

■ 第10条(一般条項)
1.反社会的勢力の排除
当方およびユーザーは、それぞれ相手方に対し、以下の事集について表明し保証します。
Ⅰ)自らが反社会的勢力ではなく、反社会的勢力であったこともないこと
Ⅱ)反社会的勢力に経営を支配されていないこともないこと
Ⅲ)反社会的勢力を利用せず、反社会的勢力との間で資金提供等の関係を有しないこと
Ⅳ)役員等が反社会的勢力でないこと、および反社会的勢力と交際がないこと
2.譲渡
当方およびユーザーのいずれも、本契約に基づく自己の権利または義務、相手方の事前の書面による同意なく、第三者に譲渡することはできません。
3.裁判管轄
本規約および本契約に関連する当事者間の紛争は、当方が指定する地方裁判所の専属的裁判管轄にするものとします。