FX beginner

ダウ理論とは、現在の【ダウ平均株価】の株価平均という考え方です。このダウ理論は、19世紀後半にアメリカのウォール街で活躍したチャールズ・ダウ氏が「ウォールストリートジャーナル」で発表し、提唱した理論です。これは、チャート分析を体系的に構築し、今日まで使われ続けることができる理論です。ダウ理論とは、株価を理解するために

FX beginner

FXを独学で勉強することが難しいと言われる一番の原因 全くの初心者でFXの勉強法を独学にした場合に難しいと言われる一番の原因は、【FXでお金を継続して稼ぐというゴール】が見えないことです。イメージしやすく言えば、【ゴールの見えないマラソンを走ること】です。

FX beginner

自己責任の再認識 投資においての責任は、資金を出した自分にすべての責任が伴います。資金を出すということは、すべての決済権(Yes or No)を持っているということです。簡単に言えば、投資を始めるということは、自分で会社を作って社長に就任したということと同じことです。

FX beginner

どちらの勉強方法を選択しても、自分自身の責任の下で、努力して勉強し続けること、FXトレードで利益を得る力量レベルまで継続することは、大前提の話です。独学を選択することとは?FXを【独学】で勉強するということは、【時間】と【忍耐】と【お金(継続費用)】を差し出し、【揺るがない自力】を手に入れることです。

FX beginner

損小利大という言葉の意味 損小利大とは、FXトレードで危険にさらす【損益】と目指す【利益】のバランスのことを表す言葉です。特に対になる【損大利小】と共に使われる言葉になります。 損小利大とは、設定した【損益】に対して、大きく【利益】を狙いに行くということです。

FX beginner

投資とギャンブルの定義での違い 胴元(取引を仕切るモノ)がいる場合がギャンブルで、胴元がいない場合が投資です。ギャンブルのように胴元がいる場合では、2者間の戦いでなく3者間(勝負の提案と勝ちと負け)の戦いになるので分配割合が変化します。しかし、投資(FX)のように胴元がいない場合では、2者間(AとBの取引)の戦いになる

FX challenger

レバレッジ倍率 国内口座では、最大25倍までしかレバレッジをかけることが出来ませんが、海外口座では、400倍や500倍など、FX会社によっては3000倍などと高倍率です。海外FX会社は、所属する国の法律に従ってルールを決めるものなので、日本国内のルールとは違うルールで設定されることになります。

FX challenger

順バリと逆張りの意味とは?基準とする時間チャートの流れ(トレンド)に対して、同じ向きに狙ってトレードすることを【順バリ】、逆向きに狙ってトレードすることを【逆バリ】と言います。これは、チャートの流れ(トレンド)に従うか、逆らうかの違いです。下図のようにUSDJPYの1時間チャートでは、直近の高値安値が切り上がっている

FX beginner

1回毎のFXトレードを損益を限定(損切を設定)します。これは、FXトレードを続けて何度もチャレンジ出来るようにするためと、連続で負けたとしてもすぐに資金を無くなくさないための戦略です。言い換えれば、勝てなくても負けないための戦略です。FXトレードでは、一朝一夕に利益を上げ続けることが出来るようになりません。

FX challenger

テクニカル分析に使う分析ツールの仕組み チャート上に表示される分析ツールの表示内容(ラインなど)は、過去の事実(価格)を元にした計算結果です。分析ツールがチャート上に表示する内容(ライン)の元になる計算式で使われる数字(価格)は、過去チャートに表示されているローソク足を作っている価格(事実)をベースにしています。