FX beginnerに関する記事一覧


FX beginner

1回毎のFXトレードを損益を限定(損切を設定)します。これは、FXトレードを続けて何度もチャレンジ出来るようにするためと、連続で負けたとしてもすぐに資金を無くなくさないための戦略です。言い換えれば、勝てなくても負けないための戦略です。FXトレードでは、一朝一夕に利益を上げ続けることが出来るようになりません。

FX beginner

FX取引においての失敗とは、【資金が無くなり、FX取引が出来なくなること】です。しかし、多くの人が失敗を【資金が減ること】と間違えて認識しています。FX取引に限らず投資全般に言えることですが、投資とは、自分の資金を使って資金を増やすことです。なので、資金が無くなることは投資が出来なくなることと同じになるので失敗です。

FX beginner

レバレッジが危険なのは、取引ルールとして取引中に及ぼす影響を知らないことです。なので、レバレッジの倍率が高くても低くても危険性はありません。レバレッジはFXの取引ルールであってリスクに直結するものではありません。その取引ルールを理解して、そのルールの範囲内でFX取引をするだけです。

FX beginner

リスクを回避しない場合の結末とは? 投資資金が無くなることです。FX取引において、最悪の結末です。FX取引におけるリスクとは、資金を減らしてしまう原因を指します。なので、リスクに対して対策せずにFX取引を続けることは、資金をなくしてしまう最悪の結末に向かっていることです。

FX beginner

FX初心者であるならば、「デイトレード」か「スウィングトレード」を選ぶべきだと思います。FX取引のスタイルの中で、「デイトレード」は副業向きで、「スウィングトレード」は兼業向きであると言われています。その上、FX取引を始めていきなり専業トレーダーにはなれません。FX取引を理解し戦略的に利益を上げるまでには時間をかけて勉強する必要があります。

FX beginner

チャート分析は、FX取引のために行う最善のエントリータイミングを導き出す作業です。すぐにFX取引を行うのか?待つのか?止めるのか?を決定します。この作業をいくつかの通貨でチャート分析をすることで、どの通貨の未来予測確率が一番高いのかを戦略的に選択しトレードを行います。

FX beginner

FX取引で利益を得るためには、FX取引の知識だけではなく「手法」が必要です。「手法」とは、チャート分析から導き出されるものなので、自分自身で「手法」を手に入れるのは莫大な時間がかかります。それらをFXスクールで教えて貰うことは、時間を節約することが出来ます。しかし、スクール選びは注意する必要があります。

FX beginner

FX取引の専門用語や仕組みの知識は、義務教育で習うことが出来ないものなので新しく覚えることが必要です。しかし、大学などで専門的な勉強をしてきた方には必要のない項目になります。そもそもFX取引に関する知識を理解せずにFX取引を始めるは危険です。

FX beginner

FX初心者が抑えておくべき専門用語とは、取引ツールTOP画面に表示されている専門用語です。言葉の意味さえ分かっていれば、適当に取引ツールを扱うこともありませんし、訳も分からず自分の資産がなくなってしまうこともありません。各FX会社が提供している取引ツールのスタンダードな画面構成は、おおよそ以下の3つで構成されています。

FX beginner

デモトレードは、FX初心者なら一番オススメなFXの始め方です。デモトレードは、あくまでデモであり、バーチャル(仮想)なので、言葉は悪いですがデモ口座に入っている資金が無くなっても痛くも痒くもありません。私自身がFXを始める時も、FX会社の口座開設ではなくデモ口座開設から始めました。